LPパーカッション

LPパーカッション

パーカッションといえば、ラテン系の音楽を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
ラテン音楽とは中南米などを発祥の地とした音楽で、一般的にはラテンアメリカ音楽と同種とされています。
その歴史や成り立ちは非常に複雑で、ニューヨークが本場になっていたりもします。

 

音楽の系統としてブラジル、キューバ系などがあり、それぞれに特徴があります。

 

ブラジル系はサンバ、キューバ系はルンバやサルサなどが代表的なものとしてあげられます。

 

そういったラテン音楽で使用されている楽器のことをLPといいます。
LPとは、ラテンパーカッションの略称です。
ラテン音楽ではダンスを伴う場合が多いので、ダンスのリズムをとったりする為にも、打楽器は必須になっています。

 

LP(ラテンパーカッション)で代表的なものは、やはりコンガでしょう。
ラテン音楽では必ず目にするといってもよいのではないでしょうか。
コンガはそのルーツを中部アフリカにもつ楽器です。

 

他の代表的なLPとしては、ボンゴがあげられます。
ボンゴは、コンガと比べて小型の太鼓です。
使い方はコンガと同様、手の平や指で叩いて音を出します。

 

他にはマラカス、タンバリン、トラインアングル、カスタネットといった、日頃私達が目にする楽器もLPに含まれます。
変わったところではカウベルも含まれるようです。

 

いずれも、陽気なラテン音楽を演奏するのにはうってつけの楽器ばかりです。

関連ページ

電子パーカッション
パーカッションは、音楽のリズムをつくる上でとても重要で、楽しく演奏できる楽器です。ここでは、パーカッションについての豆知識や魅力を紹介しています。
パーカッションの演奏家
パーカッションは、音楽のリズムをつくる上でとても重要で、楽しく演奏できる楽器です。ここでは、パーカッションについての豆知識や魅力を紹介しています。